企業情報

ISO14001

2002年 ISO14001環境マネジメントシステム取得

OKIグループ環境方針


OKIグループ環境方針

OKIグループは、情報社会の発展に寄与する商品・サービスの提供を通じて、次の世代のために、より良い地球環境を実現し、それを継承する。

  1. OKIグループ環境経営の実践により、汚染の予防を含む環境保護に努める。

    (1)商品の企画から製造・保守運用に至るまですべての業務プロセスにおいて、環境配慮型商品とサービスの提供に取り組む。

    (2)事業活動において、省資源・省エネルギーに努め、廃棄物の削減・リサイクルに取り組む。

    (3)生物多様性の保全と持続可能な利用に取り組む。

  2. 適用される環境法令、条例および同意する顧客要求等その他の要求事項を順守する。
  3. 環境マネジメントシステムのPDmCA(Plan-Do-multiple Check-Act)を的確に実行し、環境パフォーマンスの向上と運用システムの継続的な改善に取り組む。
  4. 環境に関する情報の開示に努めるとともに、環境活動支援を通じて、広く社2会に貢献する。

2022年4月

沖電気工業株式会社 社長 森 孝廣

スローガン

『全員が主役の環境活動、全員で考え即実行』

OKIシンフォテックはこのスローガンのもと、全員参画の環境活動に取り組んでいます。

RoHS指令対応

EU(欧州連合)の電気電子機器含有化学物質使用規制により、対象10物質(鉛,六価クロム,カドミウム、フタル酸エステル類等)の 全廃に向けた計画のもと活動を推進しております。

  • フタル酸エステル類の対応

    RoHS指令で規制された4物質(DEHP,BBP,DBP,DIBP)を含まない、樹脂やゴム材料への切替を実施しました。

  • クロムフリー鋼板の対応

    亜鉛メッキ鋼板をクロムフリー鋼板への切替を実施いたしました。
    (新日鉄,住金,JFEなど各社の対応可能)

  • 六価クロムネジの全廃

    メカトロニクス製品に使用されるネジを代替の三価クロムネジに変更,評価し、ネジの締め付けトルクを規定しました。

  • 亜鉛メッキの対応

    表面処理の亜鉛メッキ工程で使用される六価クロムを代替の三価クロムに変更,評価し、対応が可能になっております。

  • 鉛フリー化の取り組み

    OKIグループより鉛フリーに対応した実装基板の調達が可能です。

グリーン調達

OKIグループとしてグリーン調達基準を定めております。

グリーン調達基準書 (OKIのページへのリンクです)をご覧ください。



お問い合わせ

お問い合わせ